焼肉・冷麺 大東園




うまかもんが大好きな“博多っ子”も満足させる街


福岡・博多は全国でも有数の「うまかもん」が集まってくる街。 もつ鍋や屋台の豚骨ラーメン、水炊き、玄界灘の魚をつかった海鮮料理など有名。

近年では、他のアジアの国々と近いこともあり外国人旅行客も多く、「世界の住みやすい都市ランキング」のベスト10にランクインするほど人気の都市です。

本店は、博多駅から徒歩で10分くらい、九州一の繁華街の天神、中州の近くに位置します。 「山笠」で有名な櫛田神社さんのすぐ隣でもありますので、友人や家族連れ、会社の集まり、観光客のお客様が多くご来店いただいております。






─ 私たちの仕事 ─





接客・ホールスタッフ





いろいろなお客様がご来店されますが、喜んでいただける為に私たちに何ができるかを考え、全てのお客様から「ありがとう」といっていただけるよう努力の毎日です。 少しづつ顔を覚えてもらえるようになり「また来るね」「おいしかったよ」と言われた時に一番の喜びとやりがいを感じられる瞬間ですね。



スタッフの仕事が店全体、ひいては企業全体のイメージを決めるわけですから、料理と並び店の評判を左右するとても重要な存在。 飲食店に興味がある人、将来的に飲食店独立を考えている人であれば学ぶことの多いと思います。

お客様、大東園スタッフ、仕入れ業者など目には見えない強い繋がりで大東園は成り立っています。 少しでも同じように感じられる方と一緒に、喜びを分かち合えればと思っております。






調理・キッチンスタッフ





和牛について

精肉の仕入れは最大限に神経を使います。 一見サシがきれいに入り見た目がよくても味が物足りなかったり、同じ産地でも生産者によって肉質が大きく違います。 和牛一頭買いにより、すべての部位を味わえることも当店の大きな魅力です。 自分が選んだ肉が大東園の味となりますので、肉自体の味わいや食感、香りを重視し、自信を持ってご提供させて頂きます。






料理の仕事について

韓国料理専門店としてお客様に美味しい料理をご提供しご満足いただけるように日々努力を重ねています。

白菜キムチは、季節により白菜の葉の厚み、枚数、水分量が変わりますので、出来具合を見て塩を振っていきます。 この塩振りが食感、味を決める最も大事な工程で、繊細な技術、経験が必要です。 塩漬けした白菜に独自の「薬念」を塗り込み熟成させます。 気温、湿度によって、発酵状態がめまぐるしく変動するため、大切なのが適切な発酵温度を保つこと。 乳酸菌により旨みが増し、さらに発酵が進み味に深みが出ます。熟成具合を見極めお出ししております。

当店の看板商品の冷麺。ご注文が入ってから粉を取り出し、麺を手で練り始めます。 足で地面を蹴りだし、全身を使って力いっぱいに練った麺は、強い弾力を引き出します。 伸びが早くお客様には歯ごたえがあるうちに召し上がって頂きたいです。

豊富なサイドメニューも取り揃えていますので、将来焼肉屋を目指す方にとってもやりがいのあるお店だと思います。






通販・催事部門




選び抜かれた素材を、熟達した工程で作り上げていきます。 時間を経るにつれ、鍋の中でそれぞれの素材の旨みが相乗効果を生み調和していく。 味わい深く滋味あふれるスープに仕上がります。

先代が続けてきた美味しさへの努力を引き継ぎ、守り進化してきた味。 ご家庭にお届けできるよう、レトルト製法、濃縮スープなど試作しましたが、たどり着いたのはストレートスープを冷凍することでした。

専用の急速冷凍庫で一気に冷やし固めることで、お店と変わらぬ手作りの味をご提供できるようになったものと自負しております。 全国物産展・有名デパートでもお取り扱い頂いており、ほどんどの商品が湯煎で簡単にお召し上がりいただけます。






弁当部門






和牛の名産地九州の黒毛和牛を職人が目利きをし仕入れております。 お店では「ロース」としてご提供しており、コクのある味わいで霜降りになりやすい部位です。

厳選したお肉を最高の状態に焼き上げるには経験を重ねた手焼きの技術しかありません。 火の強さ、焼き時間、タレを入れるタイミング、その瞬間をのがさず全神経を注ぎます 。









PAGE TOP